福岡市早良区藤崎の福田眼科病院。外科診療から入院手術まで総合的に行う眼科専門病院

福田眼科病院
文字サイズ
交通アクセス 担当医表

〒814-0013 福岡市早良区藤崎1-24-1
TEL 092-841-2345

弱視

担当医表
交通アクセス
遠方より受診される方へ

弱視とは

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだものがよく見えません。成長とともに視力は発達し、ほぼ6歳で完成します。こどもの目の発達には、たえずものを見る刺激が必要です。しかし、視力が発達する刺激があたえられなかった場合、視力の発達は抑えられ、止まってしまいます。これを弱視といいます。

症状

原因

治療

視力の発達が抑えられていた期間の長さや程度によって、視力がよくなる場合と、そうでない場合があります。3歳くらいまでに見つかると、治る可能性は高くなります。 まず基本は眼鏡をかけ屈折異常を矯正し、網膜にピントをきちんと合わせます。
また、片方の目のみ視力が悪い場合は、良い方の目をアイパッチと呼ばれる眼帯でかくし、悪い方の目を積極的に使わせて、視力の発達をうながします。
アイパッチをしている間は、近見作業(お絵かき、パズル、字拾い練習、ビーズ通し、TVゲームなど)がより効果的ですが、訓練が長期化することもありますので、無理なく楽しみながら行ってもらうことが大切です。
アイパッチには直接顔に貼るタイプと眼鏡に装着する布タイプがあります(通常は貼るタイプを勧めていますが、布タイプは粘着剤でかぶれやすいお子様に安心してお使いいただけます)。

〒814-0013
福岡市早良区藤崎1-24-1
TEL.092-841-2345
Copyright 2018 Fukuda Ophthalmic Hospital. All rights reserved.