福田眼科病院の外来について

OCTを使用した検査

OCTとは、日本語で光干渉断層計と呼び、硝子体から、網膜、視神経乳頭までの形態を精密に観察することができる最新の検査機器です。
検査は短時間で行え、日本人の失明原因の上位にある「緑内障」や「糖尿病網膜症」などの病気の早期発見・診断・治療にとても有用な情報が得られると期待されています。

■ OCTとはどんな機械?
今までは網膜の表面からの検査でしたが、OCTは目の奥の網膜の断層画像を撮影できる機械です。
■ なぜ必要なの?
表面では見えない網膜内部が見えるので網膜神経線維層の欠損を捉えることができ、緑内障や網膜の病気の早期発見ができるようになります。
■ 検査方法
瞳を開く目薬をして検査を行います。検査部が目に触れないので痛みを伴うことはありません。
■ OCTを必要とする代表的な疾患
加齢黄斑変性・糖尿病黄斑症・黄斑円孔・網膜剥離・中心性漿液性網脈絡膜症・緑内障などがあげられます。

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム | サイトマップ | プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合せ