目の病気について

白内障

白内障

水晶体が濁った状態を白内障と呼びます。

緑内障

緑内障

40歳以上の30人に1人は、緑内障といわれています。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

糖尿病では、網膜に障害を引き起こす糖尿病網膜症を合併することが多くみられます。

網膜剥離

網膜剥離

網膜はカメラでいうフィルムの役割を果たしており、物を見るために重要な役割を担っています。

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性

加齢性黄斑変性は黄斑の加齢に伴う変化によって起こる病気です。男性は、女性の約3倍の発症率といわれています。

飛蚊症

飛蚊症

明るいところや白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの『浮遊物』が飛んでいるように見えることがあります。

硝子体の手術

硝子体の手術

硝子体の手術は、糖尿病網膜症の進行を防ぐ、あるいは硝子体出血や網膜剥離により低下した視力を、少しでも回復させるためや、失明を防ぐために行います。

屈折異常

屈折異常

屈折異常とは、近視や遠視、乱視などのことです。

老眼

老眼

ピント調節機能を備えたレンズである水晶体は、加齢とともに徐々に弾力性が低下し硬くなります。

斜視

斜視

ものを見る時、目の方向のずれがある場合を斜視といいます。子供では2%ぐらいの子にみられる病気です。

弱視

弱視

こどもの目の発達には、たえずものを見る刺激が必要です。しかし、視力が発達する刺激があたえられなかった場合、視力の発達は抑えられ、止まってしまいます。

ドライアイ

ドライアイ

涙の分泌現象、成分の変化によって、角膜や結膜が乾燥し、傷つく病気です。

目のアレルギー
(アレルギー性結膜炎と花粉症)

目のアレルギー (アレルギー性結膜炎と花粉症)

目のアレルギーで最も多いのが、結膜炎、すなわちアレルギー性結膜炎です。

コンタクトレンズによる眼障害

コンタクトレンズによる眼障害

コンタクトレンズは角膜(くろめ)のうえにのっています。角膜とレンズの間には涙があり、レンズは涙の海に浮いているような状態です。角膜の細胞は必要な酸素を涙を介して取りこんでいます。

  • フォントサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ホーム | サイトマップ | プライバシーポリシー | 免責事項 | お問い合せ